世界自然遺産の島「屋久島」は、九州最南端から南南西へ60㎞の洋上に位置し、島の中央に九州最高峰の宮之浦岳をはじめ1800m以上の緑の山々が連なり、「洋上アルプス」とも呼ばれています。また、ひと月に35日雨が降ると言われるほど雨が多くこの美しい水が屋久島の生命と生活の源になっています。この豊かな水が雄大なスギ原生林やたくさんの川や滝を支えている美しい島です。

詳しくはこちら


屋久島の海の玄関口宮之浦港から車で5分、空の玄関口屋久島空港から車で20分の宮之浦の中心部から少し離れた高台に建つ【やくしま家】は、町外れの静かな環境と美しい自然を堪能でき、全室バス・トイレ付きの個室で美しい海・山・緑を眺めながらゆっくりとくつろいでいただける宿です。

詳しくはこちら